公務員資格取得

一口に公務員と言っても様々なジャンルがあります。大きく分けて国際公務員、国家公務員と地方公務員にわける事が出来ます。その中でも技術系公務員や法律系公務員、教育系公務員とさまざまに細かく分かれています。警察官の場合は警察庁に採用されるのは国家公務員、各都道府県警察署に採用されるのは地方公務員とそれぞれ所属部署により違ったりしてきます。

公務員に就職するためには試験を受けて内定をもらって採用という一般企業と変わりませんが、試験の内容一般企業ではだいたい一般教養試験ですが公務員では教養試験、専門試験、論文、面接と少し多くなります。中途採用などは有りますが基本年に1回の採用試験で年齢制限やその他色々と制約があります。試験日は毎年毎年違うので地方公務員試験は各都道府県庁や各市町村のホームページに採用試験について募集などが載っているので定期的に確認をするのがいいです。国家公務員も中央省庁のホームページに乗るのでこちらも定期的に確認するのが一番です。

高校を卒業して公務員に就職する事も出来ますが、専門学校や大学に進学してから公務員になりたい場合は防衛大学など将来進む道が決まっている大学もありますが、他にも公務員になる為に取得しといた方が有利な資格がある物や大学では学科が豊富で自分が将来なりたい職業につながる学科がある大学を選びます。大卒や専門学校卒でなくとも高卒でも公務員になる事は出来ます。国家公務員、地方公務員の資格取得方法や学校にいかずとも独学で出来る事などを紹介します。