地方公務員

地方公務員は都道府県や市町村に来る地元の住民の対応が主な仕事になります。一番一般市民の声が届く所で働く事になります。国家公務員同様特に必要な資格はありません。前もって取得しといた方が有利な取得はあります。語学系の資格は市役所などに来た外国人の対応に必要になります。普通運転免許もある方がよく、公用車を使って出かける時に、運転が出来ませんでは困るからです。一般職と特別職に分かれていて、特別職に着きたい場合は必要な資格があります。これも国家公務員と同じですが看護師などの専門職に就職希望の場合は資格が必要になります。地方公務員の看護師は市民病院などの採用になります。

公務員試験には大卒程度の卒業資格が必要の上級試験、短大卒程度の資格が必要の中級試験、高卒程度の資格が必要の初級試験があります。それぞれ一般職や総合職になり、専門の免許が必要な場合はまた別になります。

公共機関に関わる場所に就職する場合は公務員になるので公務員自体の資格というよりは公務員という職業になり守秘義務が発生します。小中学校の給食のパート職員でも公務員になります。難しい試験を受けても公務員で、パートでも公務員になり市役所などに契約社員で入っても公務員なります。