国家公務員

国家公務員は国に関する職業全般を請け負う仕事です。国家公務員になる為に必要な資格は特に必要ありません。まずは試験に合格する事です。保育士や教員など資格の必要な職種につく場合は資格は必ず必要で、当たり前ですが資格を持っていないのに保育士になる事は出来ません。

専門職に希望する以外で特に必要ではない資格ですが、取っておいた方が採用される時に有利になる資格もあります。たとえば行政書士の資格は公務員の仕事は法律と関係が深いので法律の知識を得られる行政書士の資格は有利な物です。それに並行して法律系の資格を取得する方も多く居ます。他には英語など語学関係の資格も有利になる一つです。外国人が沢山来日するようになった昨今では日本語以外で対応できると手続きや相談などがスムーズに行えます。

特に資格はなくとも公務員試験に向けての試験勉強と並行して資格取得を行うと、実際に採用された後に取得するよりは先に取得しておくと採用試験の面接の時にアピールできますし、採用され時に活用がすぐできます。注意が必要なのは初めて国家公務員の試験を受けるには30歳未満でないと試験を受ける事は出来ません。初めて受ける年齢はそれぞれの職業によって異なりまた元職員に関しても異なります。